防犯カメラ・監視カメラを設置しよう!

各種のカメラの特徴を知る

2016年10月17日 14時36分

一昔前の防犯カメラは大容量の録画装置がなくて、映像があらくて30万画素以下のものが主流でしたが
最近のMののは大容量データに対応した1000GBHDDレコーダーなど大容量録画装置が登場し、
100万画素など高画質撮影ができるモデルがたくさん販売されています。
ですが、SDカード録画タイプのカメラは32GBまでmicroSDHCカードに六尾がするものがほとんど。
そして、
1000GBレコーダー、32GBmicroカードは、録画媒体で差は歴然です。

32GBのカードに映像録画するので、高画質な映像になるほど録画が短くなって、
フレームレートなどの条件により最大六が時間がかかりますが、フルハイビジョンで、
30FPSの映像保存なら、32GBでは3~6時間しか保存できなくて、
SDカード録画タイプの部卯はんカメラにフルハイビジョンなど高画質映像を求めるのは現実的でないです。


また、防犯カメラは、デジタル防犯カメラ、アナログカメラ2種類あって、
アナログとデジタルの大きいな違いはデータ形式が異なること。

アナログカメラはカメラ、モニターテレビを直接同軸ケーブルで接続して撮影してる映像を直接見れます。

デジタル防犯カメラはLANケーブルなど使って、デジタルデータに変換し転送。
メモリーカードに映像データとして保存したのを確認するのが一般的。
WEBカメラ、ネットワークカメラと言われるのはデジタルに該当。