防犯カメラ・監視カメラを設置しよう!

防犯カメラ・監視カメラ導入に関するストーリーを紹介していきます!

■病院のカメラ

昼夜問わず不特定多数の方が出入りしている病院は侵入や窃盗犯のターゲットにされやすくて、
マスクしていれば患者と見分けつかなくて、家族と偽って、病室へ侵入されてしまったり、
最近医師への暴力など悪質事件が多発していて、防犯カメラ設置して、患者の安心をはかる病院が増えています。
そして盗難は病院内で発生する身近なもので、外来待合室に置きっぱなしにされてるバッグは特に狙われやすくて、
常習犯による盗難も少なくなります。


また待合室のちょっとしたトラブルが重大事件に発展したり、待ち時間が長くて我慢できない患者が
受付事務員に暴言をはく場面などがしばしばみられて、
医師の治療内容に納得できなくて、刃物を振り回した事件などもありました。


病院内に防犯カメラ設置で、不審者を威嚇し悪質犯罪を未然に防ぐ効果を得られますが、
万が一事件が発生したときは撮影記録を分析して再発防止に役立てられ、
それ以外に重症患者を監視目的でカメラ設置されてるケースがめずらしくなくて、ベッドから転落したり、
対応が遅れれば命にかかわる事故から患者を守ったり、カメラ設置が求められています。

診察室などプライバシー性が高いエリア設置なら、カメラの視線を直接感じにくいドーム型カメラがいいでしょう。


犯人逮捕になるケース

隠しカメラと違って防犯カメラはその存在をアピールさせるのが大事で、
そのために人目につきやすいところへ設置を。
また、防犯カメラの映像が決め手になって、犯人逮捕に至るケースが増えてますが、
顔、手元の動きまで鮮明に撮影されたものでないと証拠として不十分です。
そして、証拠を得ようと故意に撮影や加工されてる映像も法に準じない形で取得された証拠で、無効化されます。


どんな正しい主張しても、被害に有った証拠がそろわないと犯罪立証ができません。
被害が発覚した後、慌てて現場撮影、被害届を出しても解決に至らず、
あらかじめ防犯カメラの映像や来客者リストをのこす体制を整えましょう。
そして、日本の法律はその映像に十分証拠能力があるかどうか判断する明確な基準はなくて、
どの証拠品より客観性の高い証拠として扱われる傾向があって、同じ場所を複数角度から撮影した映像等あれば、
捜査をスムーズに展開できるようになりますが、一方防犯カメラの映像をきっかけとした誤認逮捕も多いです。


そして、これは警察だけではなく証拠提出した側にプライバシー侵害を問われたりする恐れもあって
慎重にしなくてはなりません。
映像を最後までよく見てなければ間違った思い込みが頭にうかぶようになります。


盗難などを防止できる

最近は工場や資材置き場で盗難事件が増えていて、従業員による窃盗など、内部での監視も課題になっています。
そして、どうして屋上、資材置き場が窃盗犯から狙われているのかと言えば、
敷地が広くて場所によっては屋外に資材を保管していたり、住宅街から離れてる場所であることが多く、
人目につきにくかったり理由があって、時期により金属は高値で売れるので、
電線をはじめ原材料はもちろん、ひどければ重機ごと盗難にあってしまうケースも。
そして、防犯カメラ設置のメリットはたんに不審者を撮影する以外に、

犯罪抑止効果を高め危険な行動がないか等監視目的に利用できる点もあります

防犯カメラの存在をアピールさせ犯行をあきらめさせるのが大事
防犯カメラは行動を記録する以外に、相手にその存在をしらせ犯罪防止の役目があります。
そして窃盗は外部の人間により行われる意外に、社内スタッフが盗みを働いたりするケースがあって、
最近異物の混入事件も問題視されていますから、カメラ設置は不正行為を抑制する効果があります。
さらに
生産ラインでトラブルが発生した時の原因究明などに役立てられます
防犯カメラ設置で危険な方法で仕事してないかなどスタッフ、場所の安全管理に役立っていて、
危険な状況を検証して、事故を未然に防ぐことが期待できます。



ボックス型カメラについて
防犯カメラの中で半透明の半球型ケースにカメラが収められているものをドーム型防犯カメラと呼び、
外見ではどこを監視してるかわかりにくくて、
侵入者に対して威嚇効果が期待できます
そして、ドーム型防犯カメラはその機能によりいろいろなタイプがあって設置する場所、
監視範囲に応じたタイプを選びましょう。
そしてカメラ視線を感じやすいボックス型カメラに比べ
監視されてる威圧感を与えることなく設置できるのが
ドーム型防犯カメラの最大の利点

壁に直接設置してみる、インテリアの一部みたいに見えてくるタイプが多くて、周囲の雰囲気を壊したくない場所に最適。
そしてドーム型カメラはカメラレンズが全方向に向け常時旋回するタイプ、
あらかじめ設定された範囲だけ監視する固定タイプの2種類に大別され、
いずれも監視されてる方向判断しにくく、侵入者は犯行におよびにくいはずです。


そしてオフィスの雰囲気をこわさないで設置できますが、照明器具と見間違えた侵入者が犯行におよぶケースもあり、
ボックス型より、さらに小型カメラが搭載されていて、画質の質が劣るといったデメリットもゼロではないです。
そして手元の動きを使うには、
昼夜高画質な撮影ができる機能など搭載されたものを厳選してください


防犯カメラ・監視カメラ